メールでのお問い合わせ電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ電話でのお問い合わせ

現職会員会員資格について

資格取得について

現職会員の該当者及び加入方法は次のとおりです。

該当者

1.公立学校共済組合員秋田支部に加入している者

2.教育関係者で理事会が承認した者

加入方法

1の場合は公立学校共済組合員資格を取得し、掛金を納入すること

2の場合は必要書類により手続きし、掛金を納入すること

提出書類

1の場合は不要です。(共済組合員資格取得の書類で手続きします。)

2の場合は次の書類を提出してください。
(該当者には当会より送付いたします。)
・「加入申込書」
・「扶養家族申請書」

掛金について

掛金額

掛金額については次のとおりです。

掛金額

給料の月額(調整額含む)×1,000分の12+1,000円

※再任用職員は、給料の月額(調整額含む)×1,000分の8

※毎月初日(月途中に会員資格を取得した場合は資格取得日)の給料の月額が算定基礎になります。
欠勤、休職等の理由により給料の全部又は一部が支給されない場合でも、減額前の給料の月額が算定の基礎となります。(掛金は日割や減額されません)

掛金の免除

産前産後休業・育児休業中の会員の掛金は、本人の申し出により免除となります。

免除期間

次の1及び2の期間を免除期間とします。
1.産前産後休業の初日が属する月から終了日の翌日が属する月の前月まで
2.育児休業の初日が属する月から終了日の翌日が属する月の前月まで

その他

公立学校共済組合員は提出不要です。
(共済組合へ提出する書類をもとに手続きします。)

掛金の払込み

掛金は、給料支払機関が給料から控除し、払込用紙により互助会へ払い込むことになっています。
ただし、欠勤、休職その他事由により、給料の全額又は一部が減額されている場合は、 所属所又は会員本人へ「払込用紙」を送付しますので、指定期日までに最寄りの金融機関から払い込みしてください。

資格喪失について

現職会員が退職又は死亡したときは、その翌日から資格を喪失します。
資格を喪失したときは、次のとおり手続きしてください。

退会方法

次の書類を提出してください。

提出書類 ・「現職会員資格喪失届書」
(該当者には当会より送付いたします。)

退職時給付金について

現職会員(再任用は除く)の資格を喪失したとき、「現職会員資格喪失届書」に基づき退職時給付金として次の給付を行います。

退職時給付金

厚生払戻金

勤続月数に右表の額を乗じて得た額

脱退一時金

その会員が納入した給料の1000分の2に相当する額に、資格喪失した日以前3か年の市中銀行の1年定期預金の利率を平均した利率を乗じて得た額を加算した額

福祉積立金

その会員が納入した定額・定率積立金に、資格喪失した日以前3か年の市中銀行の1年定期預金の利率を平均した利率を乗じて得た額を加算した額

勤続月数 一ヵ月単位
60月以内の者 310円
61月以上120月以内の者 320円
121月以上180月以内の者 330円
181月以上240月以内の者 340円
241月以上300月以内の者 350円
301月以上360月以内の者 360円
361月以上420月以内の者 370円
421月以上の者 380円
ページの先頭へ